Author Archive

インバータがあればいざという時の充電切れを避けられる

通常自動車で使われているバッテリーの電圧が直流でおよそ12V程度なのに対して、一般の家庭に流れている電気が100Vの交流となっています。通常電化製品は家庭での利用を想定して設計されているので、このままでは車で利用することが出来ません。
そんな時に使われるのが「インバータ」です。これは直流電流を交流電流に変えるだけでなく、電圧も変えてくれもので、今までできなかった携帯電話の充電などをすることが出来るようになるので出先でいざという時でも安心して携帯を使用することが出来ます。
ただし、注意しなければいけないことはものによっては擬似的に交流波形を作っているものがあり、そのようなものを使用してしまいますと機器への影響がある場合があります。なので、信頼のできるお店で買うことをお勧めします。

また、定格出力によって種類が何種類かあります。この定格出力は大きければ大きいほど余裕をもって電化製品を使うことが出来ます。なので車で電子レンジなどの高出力のものを使用する予定がある場合は大きいものを買うといいです。また、大きいと同時に複数台の機器も充電できるようになります。ただし、調子に乗ってたくさん使いすぎてしまいますとバッテリー切れを起こしてしまうので気を付けてください

アウトドアカーグッズはキャンプでも大活躍

a0015_000012車でアウトドアを楽しんでいる人は多いです。
キャンプのテントを屋外に張るのももちろんワクワク感のあることですが、車の中での宿泊もできるのです。
そんなアウトドアライフを満喫できるカーグッズは、今、世にはたくさん出ています。
車中に泊まるときのプライバシーカーテンや防虫ネットとして、網戸があります。
マグネットが付いており、隙間をつくることなく装着可能で快適です。
サンシェードのおかげで、車内の温度が変わるのです。
夏には欠かせないアイテムです。
エアベッドがあれば、快適なベッドスペースが確保できます。
使い方は簡単で、空気を入れればすぐに使えます。
使わないときは、中の空気を抜けばコンパクトに収納することができます。
ポータブル電源は、エンジンオフでも使用できます。
本当に便利です。
温冷庫は、夏は冷やして、冬は暖かくして、保管できます。
レジャーのときは必ず必要です。
LEDライトは、夜には非常に役に立ちます。
ポータブル電源を使えば、キャンプのときのライティングにも使用可能です。
ポンピングシャワーは、電源の要らない便利なシャワーとして、活躍します。
水がなくても、簡単に洗車できますから、車の気になる汚れもたちどころにきれいになります。
こういったグッズを用意しておけば、気持ちの良いドライブをすることができます。

クッションがあると身体の負担も軽くなります

大型カーはキャンプにも利用出来て、宿泊が可能な点が利用価値の一つです。
長期の宿泊には適しませんが、数日であれば寝泊りは可能ですし、快適な睡眠グッズが有ると十分な睡眠を実現出来ます。
クッションはリラックスに最適なグッズですから、好みのサイズや硬さの物を持ち込むと役立ち、座る時間が長い車の中で横になって過ごせます。
体を支える役割があるので、十分な大きさで支える事が選ぶポイントですし、安心して身を任せる安定感が重要です。
お気に入りの商品を見付ける事が出来れば、車の中に限らず自宅でも使用出来ますから、何時も使い慣れているグッズで癒しの時間を手に入れられます。
睡眠時は腰の負担が体に影響しますし、無理な姿勢では睡眠が妨げられます。
短期間耐えられる痛みでも、数日続けば体の負担は増大しますし、ドライバーは運転時に腰の痛みが安全運転に影響します。
枕もあると睡眠の環境に近付くので、硬さが適していると安眠が可能なので、睡眠用のグッズとして見付ける事が大切です。
狭い空間で過ごす事になりますから、限られた中で快適性を重視する事が睡眠以外にも重要で、車でも質の高い居住性を実現して過ごします。
楽しむ姿勢が車中泊の限界を変えますし、自宅以上の快適性を実現する事も可能です。

簡易カーテンで最低限のプライバシー確保

a0002_004326車中泊が一般大衆に浸透した今日、より快適に楽しむための方法が模索されています。寝心地抜群のマットを常備したり、シートの一部を取り外して大の字になって眠ることができるような工夫があります。寝心地を良くすることはもちろん、プライバシー確保のためにも簡易カーテンの導入は効果的です。その理由は2つあります。ひとつは、精神的に安心できて深い眠りが期待できることです。カーテンにより太陽光を遮断し、車外にいる人々の視線をシャットアウトできます。室内が暗くなり、睡眠の世界に没頭することができるというわけです。2つ目は、防犯対策に大きく貢献することです。車中泊ができるような場所には、他にも眠る目的で駐車している車が複数台存在します。残念ながら、そこにいるすべての人物が善良な心を持っているとは限りません。隙があれば盗みや乱暴を働こうとする不届き者は、どこに潜んでいるか分からないというわけです。そこで活躍するのがカーテンで、車内の状況が分からなければプライバシー確保と防犯対策に効果があります。不届き者は、相手の正体が分からないという状況を一番に嫌います。車中泊のお供にカーテンを導入すれば、快眠と防犯対策の両方に効果的であるというわけです。

ベッド代わりのマットレス選び

a0002_004006ミニバンが普及するにつれて、宿泊施設を利用せず、車で寝泊りする車中泊がブームになっています。その車中泊において、もっとも重要な「快適な睡眠」のために、様々なマットレスが販売されています。
銀マットはホームセンターでも売っています。ロール式と折りたたみ式があり、価格が安いのが利点です。野外での敷物や、駐車中の日よけとして窓にはるなど、いろいろ使い道があります。薄いので、寝るときに下に敷くのであれば、数枚重ねる必要があります。また、車内がフルフラットにならず段差がある場合には、クッションなどで段差を埋める必要があります。
ウレタンマットには、薄手のものから厚手のものまであり、形もその目的によっていろいろあります。シートを倒したときに車内がフルフラットになるのであれば、薄手のマットで大丈夫です。段差がある場合には、クッションなどで段差を埋めるか、厚めのマットを使用します。ウレタンマットは楽ですが、使用しないときの収納が問題となります。
エアマットは、膨らませると厚みがあり、段差のある車内でも快適に使えます。また空気を抜けば、コンパクトにたためるので、収納にも便利です。しかし、ポンプを使って空気を出し入れするのに手間がかかります。
インフレーターマットは、ウレタンマットとエアマットの良いとこ取りをしたものです。バルブを開けると、なかのポリウレタンフォームが空気を吸って、自然に膨らみます。また収納するときは、バルブの反対側からたたんでいけば、空気が抜けてコンパクトになります。

車中泊に持ってこいの便利グッズ

人類の歴史上、怖いと恐れられているものの1つが寒さです。運動能力を著しく低下させたり、まともな睡眠が取れなくなる恐れがあります。車中泊においても、寒さが一番厄介な問題です。夜間は外気温よりも車内は冷え込んでしまいます。万全の対策を講じていなければ、体調を崩してしまいかねません。寒さのせいで体のコンディションが悪くなっては、車中泊をするメリットを感じられなくなります。凍えるような寒さの車内でも快適に眠るには、防寒性能に特化したグッズを買い揃えることが重要です。車中泊と聞いて真っ先に思い浮かべるのが、寝袋という道具ではないでしょうか。よほど高価な寝袋なら寒さを凌げるかもしれませんが、車中泊のためにたくさんの費用を投じることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。安く暖まるため、災害用の体温保持マットを用意するのが最適です。ビバークをしているように見えるかもしれませんが、極寒の車内ではなりふり構っていられません。もしかしたら、格好良い旅人に思われて見知らぬ人々とのふれあいができるかもしれません。災害用の商品で無駄なものを省いていますので、価格設定は良心的です。たった1枚で暖まれるのですから、車中泊にはもってこいのアイテムです。

車中泊はレジャーの定番になりつつあります

a0002_000036

家族や友達同士でレジャーに出かける時真っ先に考えるのが、
宿泊先の手配についてではないでしょうか?
それぞれの好みもありますし、もちろん料金も心配です。
なかなかパーフェクトな宿泊場所というのは、見つからないものなのです。

そんな状況で現在注目されているのが、車中泊というスタイルなのです。
文字の通り車で寝泊まりする事を指しますが、最近はレジャーの定番といっても良いくらい
増加しているのです。
そのメリットはどういった点にあるのでしょうか?

一番のメリットとしては、経済的な事があります。
どんなにお値打ちなところでも、宿泊にはある程度のお金がかかります。
車を利用すれば基本的には全くお金がかかりませんから、その差は大きいといえるのです。

そして二番目の利点としては、どこにでも宿泊できるという事です。
宿泊先を決めた場合、どんなに大変でも決められた時刻までに到着する必要があります。
しかし車に泊まるならその必要もなく、駐車可能な場所であれば
どこでも宿泊ができ、ゆとりあるスケジュールが組めるのです。

しかし防犯面はおろそかになりがちなので、防犯ブザーや護身スプレーなどを準備し、
自分達でしっかりと身を守る必要があります。
しかしそういった点に注意さえすれば、車を利用した宿泊スタイルは
便利かつ経済的なレジャーを実現してくれるといえます。

低燃費タイヤのラベリング制度って何?

車が前進すると、進行方向と逆方向へ転がり抵抗が発生します。空気抵抗や接地摩擦の他にタイヤの変形による抵抗があり、これが車の転がり抵抗の主な原因となっています。転がり抵抗が大きいと車の進むエネルギー消費も増加するため、燃費が悪くなってしまいます。
この転がり抵抗を軽減させる事で燃費の向上を目的に作られたのが低燃費タイヤ(エコタイヤ)で、車の使用者は燃料費が安く済む上、CO2の排出量削減にも繋がる環境に優しいタイヤです。
地面とタイヤの抵抗が減少し、摩擦が減ると地面へのグリップ力が低下してしまい安全性能に問題が出てきます。そこでエコタイヤは燃費向上と安全性を両立させ、それを明確に表示するラベリング制度を規定しました。
一般社団法人日本自動車タイヤ協会が業界自主基準として作成し、2010年よりスターチした制度で、走行中にエネルギーの損失度を表す転がり抵抗性能はCからAAAまでの5段階、雨で路面が濡れている際の制動力を表すウェットグリップ性能がdからaまでの4段階で表示されています。
エコタイヤは転がり抵抗性能A以上、またウェットグリップ性能がd以上に定められ、どちらかでも基準を満たさなければエコタイヤとは認められません。

走り方や目的によって種類は様々です

a0001_000584夏タイヤの種類は能動的に選ぶことが有効です。走り方や目的によって最適なタイヤがあります。その中で、闇雲に夏タイヤを選んでしまっては、乗り心地が悪かったり燃費性能が著しく低下しかねません。そうなっては車を傷めてしまうことにも繋がるので、夏タイヤは適切に選びましょうというわけです。長距離運転を多く行う方は、燃費性能に特化した夏タイヤが良いでしょう。燃費を抑える走り方をしていても、ガソリンは一定量消費していくからです。目的地に到着するまでに何度も給油をしていては、時間を大幅にロスしてしまいます。乗り心地を重視したいなら、柔らかい夏タイヤを選ぶのが有効です。目的地まで可能な限り振動を抑えることは、同乗者のみならず運転者の負担経験が期待できます。また、走り方に癖があっても衝撃を吸収してくれるので、さらに快適な乗り心地になりやすいです。雨の日にも車を運転することが多いなら、溝が深い夏タイヤを選びましょう。ハイドロプレーニング現象やスリップは、夏タイヤの溝の深さに左右されるからです。運転スタイルに合わせた夏タイヤを選べば、ストレスを最小限に抑えながらのドライブを存分に楽しめるようになることでしょう。